新型コロナウイルス感染拡大について、日本言語聴覚士協会から下記の注意喚起が届いています。

本会会員の皆様におかれましても、ご自身の感染にくれぐれもご注意されると同時に、
感染の流行を早期に終息させるためにご協力をお願いいたします。
なお、感染の広がりにより、本会の総会や研修会等を変更する場合は、
ホームページやメールマガジンなどで周知いたします。
 
<会員の皆様へ> (日本言語聴覚士協会より令和2年2月25日付連絡)
 
新型コロナウイルス感染は飛沫感染および接触感染が主であり、
感染対策の基本はインフルエンザに準じて行う必要があります。
インフルエンザへの対応と同様に、①咳エチケットと手の消毒を徹底する、
②マスクを着用する、③食事と休養をとって体力や免疫力を高める、
④不要不急の外出を控える、などの対策をお願いします。
 
また、ウイルス感染を一方的に疑ったり、誤った情報が拡散されないよう留意いただき、
感染対策に関する適切な情報の取り扱いをお願いします。
今後、政府の対応が変更される可能性がありますので、
その際には改めて協会HPやメールなどでお知らせいたしますので、ご確認ください。
 
*日本言語聴覚士協会ホームページ(https://www.japanslht.or.jp/)の
 特に「厚生労働省からのお知らせ」に、最新の情報が掲載されていますので、ご覧ください。