千葉県言語聴覚士会 高次脳機能障害委員会主催
特別講座「進行性失語の評価とリハビリテーション」

超高齢社会が進むなか、認知症に対するより深い理解が求められています。

進行性失語は言語障害を中核として症状が進行していく変性疾患であり、詳細な評価や訓練など、言語聴覚士の更なる活躍が期待されています。

なんと今回,高次脳機能研究でご高名の、河村満先生をお招きしてご講義いただけることとなりました。

進行性失語の評価とリハビリテーションの実際について、わかりやすく解説していただきます。

進行性失語の最前線を学べる絶好の機会です。ふるってご参加ください。

【日時】
平成28年10月16日(日)14:00~16:30(開場13:40~)
【会場】
幕張テクノガーデンCB棟3階301号室(海浜幕張駅徒歩5分)
【参加費】
千葉県士会員:無料 会員外:2000円 
【定員】
100名
【申込み方法】
アドレス:koujinou2016@freeml.com
「氏名(ふりがな)、勤務先、メールアドレス、電話番号(変更等の際に必ず連絡が取れるもの)、会員番号(非会員の場合は「非会員」と記載)」を記載の上、上記アドレスにお送りください。

その他、問い合わせに関しても、上記アドレスにお願いいたします。
申込み確認後、返信メールをお送りいたします。返信がない場合はお問合せ下さい。

定員に達しましたので申込み受付を終了します。たくさんの申込みありがとうございます。

 

※詳細は高次脳機能障害委員会主催研修会チラシ(PDF)をご覧ください。