日時:2020年2月11日(火祝)  10時00分~ 16時30分
会場:多摩平交流センター(東京都日野市)
参加費:15,000円(税込)
主催:日本ユニバーサル リハビリテーション協会
ホームページアドレスhttp://universalreha.com/
その他/備考:
摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、嚥下
機能に働きかける直接的なアプローチではなく、ポジショニングによって間接的に過緊張を緩和したことで、長期療養生活から嚥下訓練に移行した症例がありました。全身の筋緊張制御を行うことでの、呼吸筋、横隔膜、呼吸数の低下(過呼吸の変化)、舌骨上筋群、舌骨下筋群の過緊張の改善、摂食嚥下の変化を報告し、『p×s=mg』の物理学的根拠から認知、高次脳機能、筋収縮様式の変化を熟考し考察し、実際の介入方法や技術論、ポジショニングR.E.D.の具体的内容を伝達し、また技術指導を行います。