日時:2020年2月16日(日) 10:00~16:30(受付開始9:30~)
会場:東京都中央区八丁堀2-19-7セキレイ会議室 301号室
参加費:¥12,000(ペアでお申込みは¥11000)
主催:three-S
ホームページアドレス
https://three-s-st.jimdo.com/
その他/備考:
以前に比べST向けの触診や評価、徒手療法のセミナーが増え、『全身から診る事』や
『姿勢を分析する事』、『実際に触る事』などが重要という考え方がSTにも広まってきました。

でも現実は……
■勉強してみたけどやっぱり難しい。
■勉強になったけど実際の臨床でどうやって使えば良いか分からない。
■実際は思ったように上手くいかない。
■実際に徒手療法を行っているが結果が出ているか分からない。
■なぜ徒手療法を行うと変化が出るのか分からない。
■教えてもらった徒手療法をどのような患者さんに使ったらよいか分からない。
■結局パターン化して、どの患者さんにも同じアプローチをしている。
などなど……

こういった悩みや疑問を解決するために、このセミナーでは
ST目線で色々な『なぜ?』についてお答えします。
■なぜ徒手療法を行うのか?
■なぜその筋にアプローチするのか?
■なぜ上手くいかないのか?
■評価からどの徒手療法を選択するのか?
■色々な徒手療法をどうやって患者さんに当てはめていくのか?

実際に徒手療法を行いながらディスカッションも行い受講者の方々
日頃臨床で感じた『なぜ?』をシェアしながら理解を深めて
いきたいと思います。

«セミナー内容»
■全身からみる嚥下機能について
■徒手療法を効率的に行うための評価・訓練の進め方
■なぜそのアプローチなのか?~徒手療法選択の考え方~
■症例ディスカッション
■徒手療法や身体の使い方について~実技練習~
脊柱(胸椎)、鎖骨・肋骨、咽頭部、後頭下筋群、舌骨筋群などへのアプローチ
※受講者の方々に合わせて実技内容は変更する事があります。

【セミナー参加者の感想】
M.Hさん
嚥下と体幹(全身の筋)との関わりについて知ることが出来た。
今までとは異なるアプローチ、視点を身に付ける事が出来ました。

K.Hさん
嚥下筋群のアプローチだけでは改善しないことが勉強になりました

T.Eさん
動作協力が得られない方へのアプローチの方法がわかりました。

K.Yさん
今まで徒手的なアプローチは行う機会がなくイメージも湧きませんでしたが治療の幅が広がりました。

S.Tさん
シャキアで緊張が高まってしまう理由がわかった気がします。STでも実践できそうに
噛み砕いて説明や手技を教えていただけたことがよかったです 。

【再受講者】
T.Iさん
実際の手技を詳しく教えてもらい自分で変化を感じられることができた。
セミナーに参加してから患者さんへのアプローチが楽しくなり訓練プログラムを考えるのにも大変役立っています。

Y.Sさん
本当に臨床が変わります。
2回目の参加でより知識が深まりました。内容もアップデートしていて参加出来て良かったです。

T.Yさん
前回参加したセミナーで教えていただいた手技が役立っているので他にも手技を身に付けるために参加しました。構音障害の患者さんに対して手技を行っていくことに自信をなくしかけていたがやっていて大丈夫だと思いました。