日時:2022年1月9日(日)12:00~17:00予定(現地+オンラインのハイブリッド開催)
会場:上智大学 四谷キャンパス 6号館410教室(〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1)
参加費:発達性ディスレクシア研究会 会員¥2,000、会員学生¥1,500 、非会員¥4,000、非会員学生¥2,000
主催:発達性ディスレクシア研究会
ホームページアドレスhttps://jdra-2022-01-09koen.peatix.com/
その他/備考:
内容:
1.講演会(英語での講演 ※日本語の解説・質疑応答・スライド有)

Professor Charles Haynes (MGH Institute of Health Professions, USA)
“The Current Science of Early Identification and Intervention for Developmental Dyslexia: Its Growing Impact on Legislation in the US”
(発達性ディスレクシアの早期発見早期対応に関する現代科学:その成果が米国の法律に与える影響)

Professor Taeko Wydell (Brunel University London, UK)
“Developmental Dyslexia in Different Orthographies”(様々な文字言語における発達性ディスレクシア)

2.パネルディスカッション(日本語)

発達性ディスレクシアのこれまでの20年と今後の展望
 司会:宇野 彰(発達性ディスレクシア研究会 理事長)、春原 則子(目白大学)
 パネリスト:品川 裕香(教育ジャーナリスト)、若宮 英司(医学界)、未定(教育界)

申込みについて:Peatix(https://jdra-2022-01-09koen.peatix.com/)よりお申し込みください。