青年期以降の吃音支援では、吃音中核症状と感情・態度面の双方を見る視点がより重要となります。今回は、症例の経過を交えながら、感情・態度面への介入について北條先生にお話しいただきます。吃音臨床に興味があるけれどどのようにしたらよいか分からない、いざ始めてみたら進め方に迷ってしまった、そのような方々の臨床のヒントになるのではないでしょうか。皆様、奮ってご参加ください!

 

日時:令和4年2月6日(日)13~15時

場所:オンライン開催(Zoom利用)

内容:青年期以降の認知行動療法(CBT)アプローチを中心に(仮)

講   師:北條具仁 先生(国立障害者リハビリテーションセンター)

参加費:千葉県言語聴覚士会正会員・準会員 無料

関東圏言語聴覚士会会員 無料,千葉県PTOT会会員 無料

一般(上記の会員外および年会費未納者)3000円

申込み方法:申込フォーム https://forms.gle/EiyM2awSRYBrm6dG8

または 下記チラシQRコード ※県士会ニュース同封チラシのQRコードは使えません

申込〆切:令和4年1月16日(日)

詳細:チラシ をご参照下さい。