千葉県から「介護予防担当者とリハビリテーション専門職の意見交換会の開催について」のご案内が届きましたので、会員の皆様にお知らせいたします。

【概要】
介護予防事業の効果的な取組を推進するためには、市町村や住民の方々に対する助言役として、リハビリテーション専門職の皆さんが地域で活動することが大いに望まれています。
千葉県では、リハ専門職の皆様と市町村職員とをつなぎ、皆さんが地域で活動するためのきっかけづくりのための意見交換会を行います。
市町村の介護予防事業担当者や地域包括支援センター職員の方々との語り合いの場への参加をお待ちしています。

【内容】
1 施策等状況の説明
(1)介護予防事業について
(2)市町村の取組状況紹介
(3)リハビリテーション専門職より活動紹介
2 グループワーク
意見交換のテーマ(案)
「介護予防事業について、市町村、リハビリ専門職それぞれの役割はなにか。」
「その役割を担うためにはどうするか」

【対象者】
各圏域に在勤・在住のリハビリテーション専門職、市町村・地域包括支援センター職員、健康福祉センター職員等

【日時・会場】
平成29年1月~2月に県内8会場で開催します。

詳細についてきましては、案内文(PDF)をご覧ください。