日時:2019年8月9日(金)19:00~21:00
会場:渋谷区文化総合センター大和田 学習室2 (東京都渋谷区桜丘町23-21)
参加費:3,240円(税込)
主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
ホームページアドレスhttp://ur0.link/TbMy
その他/備考:
■ この様な悩みを抱えて臨床で悩んでいませんか?

・骨盤が後傾しているのはわかるけど何が原因?
・なんとなくでアプローチするけど効果ない
・仮説→検証の流れが大事なのわかるけど、仮説が立てられない
・そもそも骨盤が動く時にどこが動いているの?

この講義では以下の内容が手に入ります。

・股関節可動性の評価方法
・仙腸関節可動性の評価方法
・腰椎可動性の評価方法

上記3評価の優先順位のつけ方
仮説を立て介入につなげる方法

臨床で働いていると、必ずみなければならない姿勢。
その姿勢の中でもひときわ注目するのが骨盤の状態です。
・後傾している?
・前傾はできる?
などをみてくことが多いと思います。

後傾しているとまず前傾を促したくなりますが、
そもそも骨盤が前傾するために必要な要素は何でしょう?

「MRIによる他動的一側股関節伸展時の腰椎骨盤-股関節複合体を構成する関節の動きの解析」によると、
骨盤前傾には
・股関節の可動性
・仙腸関節の可動性
・腰椎の可動性
が必要と言われています。

では、その3つをどう評価し、優先順位をつけていけばいいのでしょう?

ポイントは
「1つ1つ要素を丁寧に評価すること」
です。

この要素を評価する方法を学べる場があります。
「骨盤介入のために必要な評価 〜関節編〜」

です。

この講義に参加することで、

骨盤前傾に必要な関節の評価が可能となり、
仮説を立てることが可能となります。

臨床であいまいになりがちな
評価の視点を定めることができる様になりませんか?

あなたの参加をお待ちしております!

【 講 義 内 容 】
・仮説→検証とは?
・骨盤前傾に必要な3要素
・股関節の評価方法
・仙腸関節の評価方法
・腰椎可動性の評価方法



※テキストを事前配布します。事前に骨盤周辺の解剖を予習してきてください。


※お申込みの前に参加規約を必ずご確認ください。申し込みをされた時点で同意されたと見なさせて頂きます。

■ 詳細・お申し込みはこちらから
   》》http://ur0.link/TbMy
    募集締め切り:2019年8月7日(水)18:00

 

■ お問い合わせ:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会(kanto@iairjapan.jp