日時:2019年5月26日(日)10時~15時まで(受付開始9:30~)
会場:東京都立産業貿易センター台東館 2F B会議室【住所】東京都台東区花川戸2-6-5【アクセス】https://www.sanbo.metro.tokyo.jp/taito/access/
参加費:7000円
主催:three-S
ホームページアドレスhttps://three-s-st.jimdo.com/
その他/備考:
呼吸や発声の評価・アプローチをする為には、それに関わる筋肉や骨格がどのような構造をしていて、どのように動くのかを理解する事が重要です。
そしてどの部位が機能的に低下しているのかをしっかり評価する事が効率的なアプローチに繋がります。また、徒手的なアプローチをする際に『なぜそのアプローチを行うのか』を考えるうえでも必要な知識です。

STが行う評価・アプローチの多くは筋骨格系に対する視点が少ないように感じます。
しっかりと呼吸ができる、発声ができるには筋骨格系の働きが必要不可欠です。
このセミナーでは、STの養成校であまり触れてこなかった呼吸・発声に関わる筋骨格系の機能解剖とその評価をお伝えします。

以下のようなお悩みはありませんか?
・呼吸・発声に関わる解剖が苦手……
・どの患者さんにも同じアプローチしかできない……
・徒手的なセミナーに参加したが実際の臨床で上手く使えていない……
・PTOTと連携したいけど共有できる事が少ない、自信がない
・STの臨床をアップデートしたい。
などなど……

呼吸・発声の本質を理解する事で、今までの評価・アプローチは変わり、結果も変わります。基礎的な事だけでなく、実際の臨床で活かせる知識・テクニックをお伝えします。

【内容】
1、呼吸・発声に関わる筋・骨格系の解剖
2、呼吸・発声に必要な評価
 ~診るポイントを増やす~
3、評価からアプローチを考える
 ~なぜそのアプローチを行うのか?~